転職体験談

特養・老健・介護施設の看護師さんが辞めたくなった理由と対処方法・転職事例

特養(特別養護老人ホーム)・老健(介護老人保健施設)・介護施設は、病院やクリニックとは、看護師さんの人数も違い、少し異なる環境なので、辞めたくなる理由も違ってきます。
今回は、特養・老健・介護施設に勤務する4人の看護師さんの辞めたくなった理由を紹介します。

人間関係が殺伐としていて、仕事上でも問題があった職場を辞めたくなった看護師さんの話

私が看護師を辞めたいと思った一番の理由は、職場の雰囲気が悪かったからです。
人間関係が殺伐としており、信頼関係が上手く築けないため、仕事上でも問題が起きやすかったのです。
そうなっていた理由としては、人手不足や待遇の悪さなどが考えられました。

人手が足りないので休みが少なかったり、新しい人が入っても充分な研修やサポートが受けられずに直ぐに辞めてしまう人が多く、いつまでたっても環境が改善されなかったのも大きな理由と言えました。

施設内の設備が整っていなかったのも悪かったと思います。

ただでさえ人手不足で大変なのに、設備が古かったり充実してないことで、必要以上に手間取ることが多く、看護師達の間にはいつも疲れと不満がありました。

そういった状況だったので、同じ職場で働く看護師同士なのに、お互いに心の余裕が持てず助け合いができないような状態でした。私はそこで長い期間働いていましたが、なかなか環境の改善が見られずに辞めたいと切実に思うようになりました。

医師や他の看護師がいない状況で働くことが多く、怖くなった看護師さんの話

小規模の介護施設で5年間、看護師として働いていました。そこを辞めたいと思った理由は、医師や他の看護師がいない状況で働くことが多く、怖くなったからです。

最初は自信を持って、この職場で働いていこうと決めていました。しかし、介護施設にはさまざまな高齢者や障害者が過ごしています。そして、緊急時に自分だけで対処する機会が増え、プレッシャーに耐えられなくなったのです。

ある時、朝は体調が良かった高齢者が、昼食後に意識がなくなるほど具合が悪くなりました。AEDや救急車搬送などはしっかりとできましたが、他の職員はほとんど動いてくれず、看護師である自分が判断しないといけないと思い知らされました。

その後、私はその職場を辞めました。しかし、介護施設で働きたいという想いは残っていたので、病院としっかり連携できている大規模の介護施設へ転職しています。

新しい職場には常勤看護師が3人以上いて、落ち着いた気持ちで仕事ができます。意見交換や勉強会もあり、私のモチベーションも高まりました。

他職種との人間関係がとても大変だと感じた施設看護師の話

特養で働く看護師です。施設看護師は病棟よりも楽という印象もあるかもしれません。
ですが、施設看護師は他職種との人間関係がとても大変です。
私は、施設の人間関係がストレスが理由で辞めたいといつも思っています。

特養などの施設でもっとも働いている人が多い職種は介護士です。
介護の資格は様々ですが、介護士は基本的に看護師に敵意を向けてきます。

看護師は配置人数も少ないため、利用者さんのために医療的、看護的な視点からアドバイスをしても、多くの介護士の意見につぶされてしまいます。
自分の仕事をしたいだけなのに、一度目を付けられると仕事の邪魔をされてしまうこともあります。

このような状況への対処方法として、私は介護士の方が看護師にきつくあたるのは、職業に対するコンプレックスからだと分析しました。介護士の中には看護師のほうが上位だと思い、そのコンプレックスから職場の看護師を排斥しようと考える人もいるのだと思います。

ですが、実際には仕事に上下関係はなくどちらも大切な仕事です。
役割が違うので、お互いに尊重しあい補えることが大切だと思います。そのため、私はなるべく介護士の専門性を認め、褒めるということを繰り返しました。

その結果、以前よりは看護師の意見を尊重し仲間意識も持ってくれることが増えたように感じます。

対応が難しい認知症の入居者のことで、本気で辞めたいと思ったグループホームの看護師

4年ほど前から認知症対応型施設のグループホームに看護師として勤務しているのですが、何度か辞めたいと思うことがありました。その中でも特に本気で辞めたいと思った時の理由は、対応が難しい入居者の存在でした。

認知症があることは理解しているので認知症に伴った症状や行動は仕方ないと思ったものの、本人の性格に伴った言動はとにかく腹立たしく、イライラが自分の言動に出てしまう状況に嫌気がさしてしまったのです。
それは他のスタッフも同じだったようで、職場全体の空気も悪くなるなど非常にまずい状態になっていたのを覚えています。

しかも家族も対応が難しい人だったので、余計ストレスが溜まってしまい、このままだと自分が壊れてしまうと思って本気で辞めたいと思っていました。

その後上司と面談しながらメンタルケアをしつつ、医師や家族に必死に掛け合って施設では対応しきれないことを訴え続けました。
やがてその入居者が命にかかわる危険な行為をしたことがきっかけで医師も家族もようやく動いてくれて、入居者は精神病院に入院することになったのです。

入院後は穏やかに過ごせていると聞いてこちらも間違った判断をしていなかったと安心できましたし、職場の雰囲気も和やかになったので仕事を続けています。

施設看護師の悩みは、病棟看護師と少し異なる点も

4人の看護師さんのお話はいかがだったでしょうか?
看護師以外の職種が多い職場、患者さんやそのご家族など、病棟とは異なる人間関係が悩みとなるのが施設で働く看護師さんが抱えやすい悩みのようです。
施設といっても規模や区分によって、課題となることは違ってきますが、少しでも参考になれば幸いです。

定番の看護師転職サイト
  • ナースではたらこ

    「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの  上場企業(東証一部)のディップ株式会社が運営
  • 看護のお仕事

    全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート! 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • ナースパワー人材センター

    看護師専門の紹介会社として、厚生労働大臣許可30周年 全国に15支店を有する業界最大級の会社で、看護師さんのニーズに対応