転職体験談

30代の看護師が辞めたいと思った理由と、その後の行動

結婚や出産や今後の働き方などを考えることが多くなる女性の30代。看護師さんにとっても、悩みが大きくなる時期です。
今回は4人の看護師さんが30代に辞めたくなった理由と、その後の行動についてご紹介します。

不妊治療を視野にいれ、退職を考えた看護師さんの行動

看護師にとって、職場を辞めたいという理由はさまざまですが、特に女性の場合、30代になると自身の結婚や妊娠・出産など生き方に関わる問題で悩む人が多いのではないでしょうか。私もその一人であり、30代前後に悩みました。

私の場合は、20代後半に結婚をしましたが、その後も仕事は変わらずに続けていました。結婚後は子供を望んでいましたが、フルタイムで働きながら妊娠することや、出産を経て復帰することに関しては、同僚の様子をみて、自分には難しいかもしれないと感じてはいました。

そのような中、私の体調面で不妊治療を視野にいれる必要が出てきました。
当時は夜勤もある急性期の病棟勤務で、仕事だけで毎日へとへと、体力的にはとてもハードでしたが、年齢のことを考えると早めに不妊治療を始めたいということもあり、スタートしました。所属の師長にだけ治療を始めた旨を伝えており、治療で体調を崩すこともありましたが妊娠前に迷惑をかけるわけにもいかず、無理に仕事することが多かったです。

しかし、やはり看護師不足の昨今、女性の不妊治療や妊娠に寛大な職場ばかりではありません。人の生命や体に関わり、女性の圧倒的に多い看護師という職種だからこそ、不妊に限らず何か治療をしている同僚や妊婦である同僚を気遣い、フォローすることが自然であればいいのですが、職場の環境や方針によっては難しい場合も多く悲しい現実だど思います。

私の場合は、そのような環境の中で、赤ちゃんや自分の体を第一に大切にできないと感じ、今の自分にとって優先したいことは何かを考え、退職することにしました。退職後は休息期間を経て、自分の体やスケジュールに合わせて無理なく仕事ができる単発での勤務形態に変更し、不妊治療に臨むことができました。

代わりに対処できるのが、私しかいないという職場環境が嫌だと感じた看護師さんの行動

私は継続12年の30代看護師です。私が職場を辞めたいと思った理由は、職場内に既婚で子持ちの看護師が多いからです。
復職してくれたのはありがたいと思っています。
しかし、子供関連の理由で欠勤され、私に負担がかかってしまうのが不満です。私はそれらの看護師を批判しているわけではなく、そのような状況で代わりに対処できるのが、私しかいないという職場環境が嫌だと感じています。

病院の院長や事務長に、現在の状況を伝え、看護師の人数を増やしてほしいと交渉しました。しかし、返事はいいえで、この人数で協力しながらまわしてほしいと頼まれます。協力しながらと言いますが、私の身内が他院へ入院し、休みたいと伝えた時に、誰も代わりをしてくれませんでした。

私は職場環境や院長の態度・方針などに賛同できず、この職場を辞めたいと思うようになったのです。実際に辞めたいということを院長へ話したところ、職場改善として1人の看護師を増やしてくれました。

ただし、新人看護師だったため、指導係に任命された私の負担は大きくなっています。新人看護師を一人前に育ててからになりますが、辞めようと思います。

残業を頼まれることも増えて体力的に辛かった看護師さんの行動

学校を卒業してから同じ病院で看護師として働いていましたが、30代になって転職を考えました。その理由は、人手不足で仕事がきついと感じた為です。

シフトは3交代制でしたが、人手が少ないので夜勤も多く、生活リズムが崩れやすいことが悩みでした。独身なので時間の融通がきくと思われているのか、残業を頼まれることも増えて体力的に辛かったです。

当時の私は責任感が強く、頼まれた仕事は断ってはいけないと思っていたので、どんな無茶なシフトでもこなしていました。
ですが、ある日仕事をしていると職場の先輩から顔色が悪いと指摘されました。自分では気づかなかったのですが、体力的にも精神的にも限界だったようです。

限界だと気付いた時には、先輩に泣きながら今の現状を伝えて辞めたいと話していました。先輩は静かに話を聞いて、上司との話し合いの場を作ってくれました。上司からは「人手不足とはいえ無理をさせて悪かった」と謝罪されました。

今の環境が変わらないなら辞めたいと伝えましたが、労働環境を見直すと言われて、もう少しこの病院で働くことにしました。現在では、労働環境が見直されて働きやすい職場になりました。

先輩それぞれの手技があり、疲れてしまった看護師さんの行動

30代前半の頃、人工透析に勤めていた看護師です。私が職場を辞めたいと思った一番の理由は人間関係でした。
外来患者さんの人工透析でしたので、それまでの部署に比べれば夜勤などもなく、体力的な介助も比較的少なかったです。そのうえ、手当がついたので待遇や条件には満足していました。

ですが手技のマニュアルがなく、先輩それぞれのやり方があり、指導してくれる人や見守ってくれる人によって細かなやり方が違い、その度に指摘されてとても疲れてしまいました。

また、少し記録などができる時間に多少雑談するのは良いのですが、その内容がスタッフや患者さんの悪口だったりどうでもいい話だったり。病棟に比べれば狭くて特殊な環境だからこそなのか、静かにやりあう人間関係や派閥、新人いじめなどにもうんざりしました。

知識の浅い先輩が患者さんに間違ったことをお伝えしていて、それを他の先輩に相談して訂正してもらわなければややこしいことになったりと業務以外の部分での煩わしさが多かったように思います。

当初は先輩や同僚に相談しながらなんとかやっていましたが、徐々に体調がおかしくなり、家族に相談して、結局私は退職しました。

患者さんのためには何かしら働きかけて環境を変えるべきだったかもしれないと後悔することもありますが、平均年齢が少し上の職場でしたので、おそらく今も何も変わっていないだろうし、これで良かったと思うようにしています。

30代で辞めたいと思った看護師さんたちの行動

看護師さんとしての責任も大きくなったり、また同世代でライフスタイルの違いなどで負担が偏りやすいのが、30代の看護師さんの悩みの共通点です。
自分の実現したいことに向けて、変化が必要な時期でもありますので、4人の看護師さんのお話が少しでも参考になれば幸いです。

定番の看護師転職サイト
  • ナースではたらこ

    「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの  上場企業(東証一部)のディップ株式会社が運営
  • 看護のお仕事

    全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート! 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • ナースパワー人材センター

    看護師専門の紹介会社として、厚生労働大臣許可30周年 全国に15支店を有する業界最大級の会社で、看護師さんのニーズに対応