転職体験談

小児科病棟で働く30代の看護師が辞めたくなった理由とその後の進路

33歳の時、10年働いた職場を辞めたいと思いました。私は新卒で入職した大学病院の小児科病棟で働いていました。当時すでに結婚しており二人の子供もいました。

退職を考えた理由は?

私が退職したいと思った理由は、将来を考えたときにもっとキャリアアップしたいと思ったからです。家族看護について深く学び専門看護師を目指したかったのですが、職場が忙しくなかなか勉強をする時間がとれないことが悩みでした。

退職を誰かに相談しましたか?

退職して、勉強に専念できる職場で働きたいと思った時、一番に病棟の師長に相談しました。師長は、尊敬できる人柄で自分自身も働きながら大学に通って学士の資格を取得するなど、学ぶ姿勢も参考になると考えたからです。師長から、看護師も勉強を続けることの大切さを聞きさらに退職への想いは固まりました。

退職の手続きは、どのように進めましたか?

師長が快く応援してくれたため、退職の手続きはスムーズでした。師長に退職願を提出し、退職の手続きはすべて事務の方が行ってくれました。

退職した後は、どのように過ごしましたか?

退職後は、すぐに社会福祉が学べる大学に編入し家族支援について学び始めました。学校生活に慣れるまで仕事はしませんでした。

退職後の変化は?

現在は、学校生活にも慣れたので、専門看護師の資格が取れる病院で看護師をしています。勉強中心の生活に変化したため一日が前より長く感じます。

退職して良かったですか?

毎日、仕事で一日が終わるような生活から学びが中心の生活になり心にゆとりが生まれたことが一番良かったことです。患者さんの少しの変化に気が付いたり家族を思いやる気持ちを持つことができるようになりました。また、勉強する姿を子供に見せることができた点もよかったです。

今は、どのように過ごしていますか?

今は、退職から年が経過し、編入した大学ももうすぐ卒業です。卒業後も今の職場で働いて経験を積みたいと考えています。

退職に悩む人へのアドバイスは?

職場が大学病院でもキャリアアップはできたかもしれませんが、プライベートは確実に犠牲になったと思います。退職してゆっくりと学ぶ時間を持ったことで、家族との時間も十分にとることができました。また、思い切って環境を変えることがその後の人生を大きく変えると感じています。

今後の目標や計画は?

今後は、専門看護師として家族看護に医療と福祉の両面から携わること、子供を成人までしっかりと育て上げることが目標です。

退職に悩んだ時は、転職サイトも活用したり、友人に相談することも

退職で悩むときは、その仕事や生活の不安も大きくなります。親しい友人に相談したり、客観的にみて転職した方が良いのか、看護師転職サイト一覧などに登録してみるのも一つの方法です。
退職体験談が参考になれば、幸いです。

定番の看護師転職サイト
  • ナースではたらこ

    「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの  上場企業(東証一部)のディップ株式会社が運営
  • 看護のお仕事

    全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート! 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • ナースパワー人材センター

    看護師専門の紹介会社として、厚生労働大臣許可30周年 全国に15支店を有する業界最大級の会社で、看護師さんのニーズに対応