転職体験談

30代の看護師が総合病院を辞めたいと思った理由とその後の転職の結果

私が職場を辞めたいと思った年齢は、37歳の時でした。約3年間総合病院で看護師をしていました。すでに既婚、子供は一人いましたね。

退職を考えた理由は?

職場を辞めたいと思った理由は、サービス残業がとても多かったことです。入職してきても退職する看護師も多い離職率の高い職場でした。内科や小児科は定時で帰ることが出来る職場も多かったのですが、私が所属したのは、手術前後のケアをする整形外科病棟でした。そのため時間のかかる手術の場合、残業が多かったのです。

退職を誰かに相談しましたか?

職場を辞める時には、特に家族にしか相談をしませんでした。家族に相談して意向を固めた後に主任、そして師長に伝えました。これまでの離職した看護師がしたように、私も行いました。急に退職を伝えるとマンパワー不足で引き留められることがわかっていたので、退職3か月前に意向を伝えました。

退職の手続きは、どのように進めましたか?

主任、師長に伝え了解が得られれば、事務から書類をもらい退職の意向を用紙に記入しました。それが院長、そして理事長に回され、退職の承認を得ました。

退職した後は、どのように過ごしましたか?

退職をした後、しばらくは休暇を取りました。それまでできなかった趣味に没頭し、リフレッシュをはかりました。

退職後の変化は?

退職した後もその病棟のサービス残業は続いていました。ただ看護部長が変わってから、少し残業手当が出るように改善され変化があったようです。

退職して良かったですか?

退職して良かったことは、プライベートが充実したということです。それまでは、働いても働いてもあまり給料に反映されず、それでも責任感だけで仕事をこなしていました。しかし常に仕事のことが頭をよぎり、プライベートのことを考えることが出来ませんでした。

今は、どのように過ごしていますか?

今は転職し、看護師を続けています。きちんと残業したことが評価されるのでやりがいがあります。また職場の環境もとても良いです。

退職に悩む人へのアドバイスは?

退職、転職することは、自分の働き方を考える意味でとても大切です。きちんと評価されない職場で働くことはとてもつらいです。その点、しっかりと残業手当が出て評価されるところは、やりがいもありますしし、働きたいというモチベーションを常に持つことが出来ます。

今後の目標や計画は?

今後も今の職場で働き続けたいなと思っています。在宅医療という今の分野はとても奥が深いので、もう少し勉強したいと思います。

退職に悩んだ時は、転職サイトも活用したり、友人に相談することも

退職で悩むときは、その仕事や生活の不安も大きくなります。親しい友人に相談したり、客観的にみて転職した方が良いのか、転職サイト一覧などに登録してみるのも一つの方法です。
退職体験談が参考になれば、幸いです。

定番の看護師転職サイト
  • ナースではたらこ

    「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」「バイトル」などでおなじみの  上場企業(東証一部)のディップ株式会社が運営
  • 看護のお仕事

    全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート! 看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!
  • ナースパワー人材センター

    看護師専門の紹介会社として、厚生労働大臣許可30周年 全国に15支店を有する業界最大級の会社で、看護師さんのニーズに対応